プリンスのメインギター"Mad cat”。

腹にズシンとくる低音と太いクリアーな高音。



生でプリンスが奏でるその音に触れられたのはラッキーだったとしか言いようがない。

以前、東京の楽器店に展示してあった”Mad cat"を弾いてみた。

音的にはかなりバランスはよかった。

ただ指板がクリアー塗装してあるので、ドライではチョーキングやビブラートがかけにくい。

やはりこのギターを弾きこなすポイントはフィンガーイーズを使うこと。

プリンスのライブを見ていたとき、ローディーがプリンスがギターを置くと必ずフィンガーイーズをたっぷりネックにふりかけていた。

そうしないとフィンガリング時に汗や手垢で指板に余計な力を持っていかれる。

左手に関しては弦とフレットの摩擦、指と指板の摩擦をできる限り減らすことがポイント。