先日ネットでニュースをみてたら、NHKが放送で英語を使いすぎて意味がわからず、ストレスを受けたとして訴訟を起こした人がいた。

 

もっともだと思う。

 

自分もたまに日本に帰国してテレビを見ていると、とくに経済関係の番組のコメンティター辺りが知ったかぶりな顔をして横文字をならべて話しているのを見かける。

 

ファンダメンタルズにコンシェルジュ、アスリート、etc. 並べればキリが無いが、人が知らない英単語をならべて優越感にでも浸っているのだろうか? (コンシェルジュはフランス語で英語ではコンシアージと発音しないと?っと言われる。)

 

自分は英語推進派だが、おかしな英語入り日本語推進派ではない。英語を使うのなら外人相手にしっかりと英語で話せばいいとおもう。

 

そもそも日本人がテレビの中で使ってる英語なんて、発音もアクセントもデタラメだから、外人相手にその単語を言っても伝わるシロモノではない。

 

もしコメンティターがややこしい英語を使うのなら、意味の字幕を出さないと、とくに年配の方には失礼だろう。

 

アイスクリームやハンバーガーにフライドチキンあたりの名詞はいつも日常使っているから定着しているけど、おかしな経済用語まで英語はどうかと思う。