hiro takashiba official blog

過去の投稿

7月 2014 の投稿一覧です。

For no one

posted on 2014/07/31

先日スタジオに入ったときiPhoneのボイスメモでサッと録音してみた最近お気に入りのザ・ビートルズの 『For no one』 の音源です。

コードと歌詞を睨みながら覚え出して、これで約1ヶ月くらい。

ギター弾き語りスタイルでやっていますが、プレイバックしてみるとまだぎこちない。

音程の動きと歌詞がまだ怪しいので、緊張しているせいかリズムがだんだん滑り出してくる。

サビのところはピアノとベースのパートもギターでやりながら歌ってるので、ちょっといそがしい。


あと音程もチェストとミドルボイスが交差しているところが多いので、後半バテ気味。

 

自分で歌いながらイケてるように思えても録音して聴いてみると 『何じゃこりゃ?!』 なんて思った経験は誰にでもあると思います。

 

なので、少々曲が来上がってきたら録音してみてカバー曲なら元の曲としっかり聴きくらべてみるとイイと思います。

 

 

曲は練習とライブを繰り返しながら力加減もわかってきてだんだん良くなって行くものだと思うので、ちょっとこれからこの曲もがんばってみます。

それにしてもポールいい曲書くよなぁ。

 

 

 

category: Music
posted on: hiro

このページのトップへ

土用丑の日

posted on 2014/07/29

スタジオワークを終らせて、空腹感を満たすため、またまた夕食の品定め。

 

ところで、きょうは土用丑の日。

 

この夏の時期あまり日本にいなかったから、この機会にとまたウナギ屋へ直行。

 

関東風ふわとろウナギのハーモニーに酔いしれ今宵もサティスファイド。

 

このところ、ちょっとイイものばかり食べ過ぎか。。。

 

まあエエ。

 

メシ代ケチって変な病気になるよりは。

 

しかし来月からはちょっとセーブだなあ。。。

 

 

category: Food
posted on: hiro

このページのトップへ

焼き肉

posted on 2014/07/28

夕方、恵比寿駅前にぶらりと腹ごしらえに出かける。

たまに通る炭火焼き肉屋の前に『たん祭り』なる看板!

色めきたって値段をチェック!

 

オォォ〜! まさかの1/3セール。

そういえば最近英語を話してないせいか、L,Rの滑舌思わしきなき故、この機会に舌の筋肉増強のためため入店。

厚切たん、たん塩シックス人前注文の上、ビールをやりながら待つこと少々。

おねえさんが七輪とたん達を持って登場。

数ヶ月間、焼き肉を食べる機会を逃していた男には、ちょっと眩しい光景。キラッ☆

ジュワ〜っと来たことろでモグモグ〜ウゥゥゥ〜ン。。。

 



激マイウ〜!☆☆☆



やっぱ夏は焼き肉だぜベイビ〜!

ペロリと平らげ今夜のディナー、フィニッシュ。

 

より道しながら帰途に。



うちで歯の隙間の食べ残しをデンタルフロスできれいに取り去りリラックス。

 

 



最近食べ物の話しが多いですが、これもイイ音楽をやるため。



2、3日後には、きっとすばらしい上品な英語の発音で歌えていることと思います!

 

 

category: Food
posted on: hiro

このページのトップへ

猛暑

posted on 2014/07/27

暑い日が続いてます。

ギターを持って電車に乗りこみ都内某所へリハに行くあいだにも、こう暑いと汗だくになる。

この暑さ、まだしばらく続きそうなので、今日は夏バテ対策としてうな重を食べた。

 



けっこういい値段でも、むかしから理由があって暑い土用丑の日にうなぎを食べる習慣があると思うので、日本にいればこの季節、金のことは忘れてバクバク食べてしまう。

コンビニ、ファストフードの食べ物だと安くつくけど、こう暑いと栄養不足で後から身体がおかしくなって結局高くつく。

ビールもあればエビスビール以外は飲まない主義。

とりあえずこの猛暑にめげずがんばろう。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

梅雨明け

posted on 2014/07/22

やっと関東甲信地方も梅雨明けらしい。

 

 

一昨日の夜、横浜に行ったらスゴい雷雨だったけど、あれが梅雨明けのサインだった感じかな。

 

昨日の東京は涼しくて渋谷や六本木の街を歩いていても汗もそれほどかかなかった。

 

しかしこれからは本格的な夏の到来だ。

 

今週からシークレットバンドのリハも始まるので、夏バテにも用心だな。

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

The Beatles tribute band

posted on 2014/07/17

以前もブログで紹介したことのある、アルゼンチンのザ・ビートルズ トリビュートバンド『The Beats』。

 

ここまで声や姿が似てると、もはやコピーの域を超えている感じさえするな。

 

 

 

 

category: Music
posted on: hiro

このページのトップへ

地震警報

posted on 2014/07/12

たぶんこんなもんじゃないと思うけど、昨日の東京はかなり蒸せました。

 

徒歩でスタジオまで行ってエアコン付けるも、しばらく汗が止まらず。

 

 

ところで明け方に自分のiPhoneがけたたましく鳴っているので、目を覚ましたら地震警報。

 

体感の揺れは大したことがなかったので、そのまま寝てましたが、近くの消防署のスピーカーも何か言ってた。

 

今住んでる場所は高台なので、津波の心配はないけどデカイ揺れだとビルの倒壊もありうるか。

 

夜中でも避難を意識しておいた方がよさそうだ。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

自分撮り

posted on 2014/07/09

SNSのプロフ画像更新のため自分撮り。

年も年なので、それ相応のモノしか撮れないけど、この自分撮りってやつはなかなかむずかしい。

自分はiPhoneを使ってるけど、この内蔵カメラの特性か至近距離だと近いところが強調されて写る。

なのでポートレートを撮る場合だとやや上から狙ったほうが、目が強調されてシャープに写る。

下からだとなんかモッサリ感がある。

何枚か撮って結局、最初のヤツを選択。

 

 

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

テレビ

posted on 2014/07/07

カナダにいるときはほとんどテレビを見ていなかったので、帰国してからもほとんど見ずじまい。

 

ワンセグはあるものの、ニュースはインターネットでこと足りるし、映画は画像が悪いので見る気せず。

 

たまにバラエティなんかを見ても、あまり日本にいなかったせいか出演者が誰が誰だかもう分からないし、浦島太郎状態でいまの笑いについていけず。

 

しかし今年の大河ドラマ『黒田官兵衛』だけは時間があれば見ている。

 

戦国モノのドラマはけっこう好きな方で、同じようなストーリーを見るにせよキャストもちがうし今回はストーリーに駆け引きが多いので、ついついまた見たくなってしまう。

 

ついでに信長の妻のお濃を演じてる『内田有紀』にも今回少し気を取られ気味だ。

 

さあ来週は本能寺!

 

お濃、さらばじゃ!

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Close Harmony

posted on 2014/07/04

またまたボーカルのことを書いてみます。

 

きょうはハーモニーについてです。

 

Close Harmony(クロースハーモニー)という言葉を聞いたことがないでしょうか?

 

ハモリのないバンドの方には関係ない話しですが、ザ・ビートルズ系や50’s系のバンドをやってる方は聞いたことがあるかも。

 

これは何かというと、コーラス系のハモリじゃなくてもっと強力なツインボーカル系のハモリのことをさす言葉。

 

ザ・ビートルズの初期の曲のボーカルなんかはジョンがメインなのか、ポールがメインなのかかわからない曲がありますが、あれのことです。

 

考え方としては主旋律がハーモニーの状態で一曲の中に2〜3本あるという感じ。

 

なのでこの手の曲は一方の声が弱かったり音程が甘かったり、声質があまりにも違ったりすると、イマイチ、イマニ、イマサンになります。

 

Close Harmonyの歴史はボズウェル・シスターズ辺りからルービン・ブラザース、エバリーブラザース、ザ・ビートルズへと流れていった感じがします。(専門家じゃないので保証はできませぬが)

 

最近のバンドはこういったハーモニーをやるバンドが非常に少なくなったなあ。

 

時間のある方は音源を貼付けてみたので、聴いてみてちょ!

(この音源の中で唯一、ザ・ビートルズだけが兄弟じゃないので、他の3組とくらべると声質が違う分ややハモリが甘いのがわかりますね。でもウマいですが。。。)

 

ボズウェル・シスターズ

 

ルービン・ブラザース

 

エバリー・ブラザース

 

ザ・ビートルズ

 

 

 

category: Music
posted on: hiro

このページのトップへ

Gracenote

posted on 2014/07/03

ボーカルのことでもう少し書きとめておきたいことが。

 

バンドの練習などで譜面を使う人はGracenote(グレースノート、装飾音)という譜面上にある普通の音符より小さい音符をみたことがあると思います。

 

このGracenoteという音はボーカルを含めてメロディを奏でる楽器には旋律をきれいに聴かせる上で、かなり重要なポイントだ。

 

ギターなんかでいうスライドやチョーキングにあたるものですが、これはボーカルにもあてはまります。

 

ただボーカルの場合、ノドの中が見えないのでスコアに書かれていないGracenoteを聴き取るのは耳だけがたよりとなってくる。

 

ザ・ビートルズやロック系のボーカルはかなり派手なブルーノート系のGracenoteが歌のいたるところにちりばめられているので、格好良く聴こえる。

 

ボサノバなんかのボーカルはかなり控えめなGracenoteを使って歌ってるので、しっとりと聴こえる。

 

このGracenoteの使い方が歌い手のセンスになってるようなところさえある。

 

一曲の中で譜面上には出てきてない音というのは山ほどあるので、歌をおぼえるときはGracenoteを意識して聴いてみるのもウマくなるためのポイントかも。

 

 

category: Music
posted on: hiro

このページのトップへ

ハイトーンボイス

posted on 2014/07/01

先日、知人にたのまれて、とある酒場でザ・ビートルズの即席ライブをやったのですが、急遽ザ・ビートルズをやるとなるとやはりあのハイトーンボイスを出すのがポイントになってくる。

 

オレの声域はあまり高い方ではないので、ライブの前になると自分なりにハイトーンが出るようにノドのストレッチをするのですが、今回はいきなり歌ったのでちょと高音がイマイチでした。

 

そのストレッチ、どうやるかというと、ヘッドボイスでまずE5からG5まできれいに出るようにします。

 

しばらく歌ってないと最初はF5くらいが限界なので、その上は時間をかけて徐々に上げていくようにします。

 

G5のヘッドボイスが出るようになってきたら、あとは地声のチェストボイスとまぜてミックスボイスを太くしていく練習をするといった感じ。

 

G5といえば『ロングトールサリー』のウーウーウーの部分がヘッドボイスで出すその音なので、あそこら辺まではのばしておかないとロッケンロールがきまりまへんね。

 

 

category: Music
posted on: hiro

このページのトップへ