hiro takashiba official blog

過去の投稿

8月 2013 の投稿一覧です。

大陸横断

posted on 2013/08/30

友人のフィリップがバイクで大陸横断の旅に出た。

バンクーバーからカナダの首都オタワまで片道4360km(青森→鹿児島間×2)、往復8720km、約15日間の旅。

その旅を様子を毎日メールで友達に送って来ている。


彼の息子が9月からオタワの大学に進むので、彼は一足先にバイクで出発し息子と母親は入学日に合わせて飛行機で出発し現地で落ち合う予定らしい。

その後、息子をオタワに残し母親とフィリップはバイクでまた6日間かけて、西海岸に戻ってくるのだという。



これは彼の夢のうちの一つだったらしく、毎日メールでその日の出来事や思いを送ってくるのだが、こんなはずじゃなかったと思う事も度々あるらしい。

 


キャンプをしながらバイクで日常生活からかけ離れた日々を送っていると、精神状態もかなり狂ってくることは間違いないはず。しかし文句はいわないぜ!といつもポジティブにメールを締めくくっている。



50代半ばの挑戦にしては、かなりハードだと思うけど、この旅も彼のこれからの人生にかなり影響を与えると思うし、こういうオヤジを持った息子も彼からかなりインスパイアされる事は間違いない。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Touring

posted on 2013/08/22

今日は時間が取れたので、朝からバンクーバー郊外のスコーミッシュまでバイクでツーリングに出かけてみました!

近くのレンタルバイクショップで空いてるバイクをチョイスしてフリーウェイを一路西へ。



天気は快晴。でもカナダのフリーウェイの風は夏といえども涼しいくらいで、革ジャンを着ていても丁度いいくらいでした。

途中、より道しながら往復140kmくらい飛ばしてきましたが、日本とは、またちがう道路の感触と残雪が残る風景が、なんとも言えず気持ちがよかったです!



出で立ちはガキの頃に見たマッドマックスのジム・グース気取りでオープンフェイスのヘルメットとサングラスでキメてみました。(笑)



きょうフリーウェイを飛ばしながら感じたことは、北米ってやっぱりロックっぽいなと言うこと。右側走行に英語の交通標識、それにバイクとくれば、この時点でR&Rじゃん!みたいな感じです。

とにかく、こういったツーリングもきっと、イイ音を出すために役に立つと思ってます!

 

さて次はカナディアン・ロッキー攻略といきたいところ!

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

バイク免許

posted on 2013/08/17

今日は、自動二輪の実地スキルテストに一発で合格しました!

これで、とりあえず夜間とタンデム走行以外は北米大陸のフリーウェイをバイクで飛ばせるようになりました。

このプランも今年の自分のコンセプトの新しいこと、苦手なことに挑戦するってことの一環だったのでトライしてみましたが、とくに筆記テストは引っかけありの英語だったので、やりがいがありました。

ということで、夏のうちにカナディアンロッキー方面にでもツーリングを一発キメてやろうと、今たくらんでます!

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Norwegian Wood

posted on 2013/08/08

夏真っ盛りのバンクーバー。自分の身体も最近かなり日焼けしてきた感じです!

 

さて昨年ポール・マッカートニーを見てから、またビートルズサウンドをいろいろとアナライズしていますが、今回はライブでもよく演奏している曲『Norwegian Wood』を練習がてらサクサクっと録音してみました。

 

この曲はジョージの演奏するシタールが、全体の雰囲気をかなりエキゾチックモードにしています。

 

このシタールのプログラミングが、少しややっこしかったですが、それっぽい雰囲気にはなっていると思います!

 

Enjoy!!

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

物価と休日

posted on 2013/08/04

カナダに住んでいて夏になると、いつも思うこと。。。

日本にくらべて社会人の夏の休暇が長い。。。

平均で3週間くらいは休む。

自分の友人も1ヶ月ほど南仏の別荘に家族でホリディに出かけてる。

どうして欧米人が長期休暇が取れるのか、ちょっと考えてみた。

すると、どうも物価高が影響しているように思えてきた。



とくに建設物価は高いように思うし、外食もチップなどを含めると安いとは思わない。

週休2日制と長期休暇を維持しようと思えば、営業期間内に必然的に一ヶ月分以上のストックを稼がなければならないことはバカでもわかる。

全体的な物価高はそれらも影響しているように思うし、自分もその価格を支払ってもまた稼いで長期休暇を維持出来るなら、納得できる部分もあるのだろう。

あとはヨーロッパ文化の流れで、あまりあくせく働かない風潮もある。あくせく働いているのは、まともな英語が話せない移民の人達が多い。

休暇で行く場所もキャンプ場などが多く、装備さえあれば家族で出かけても宿泊費用はあまりかからない。

日本とくらべて、ゆったりし過ぎてイライラすることもあるけど、これが欧米のカルチャーなのだろう。

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ