hiro takashiba official blog

過去の投稿

3月 2012 の投稿一覧です。

Black+Blue

posted on 2012/03/31

カナダと言えばカナディアンロッキー、ナイヤガラの滝、それとステーキ。

 

ちょっと無理があったか?

 

今夜は遊び友達がこの間の寿司屋のお返しに最高のステーキをご馳走してくれるというので、お言葉に甘えましてBlack+Blueというコジャレたレストランに行ってきました。

 

ダウンタウンにあるレストランは週末ということもあってフルハウス。

 

いかにも金持ちが行きそうなインテリアのレストランだ。

 

友人曰く設備費だけで4億円はかかってるだろうとのこと。4億円回収できるんんかい!なんて心配しちゃいます。

 

それはともかくステーキは値段もイイけど味もイイ!

 

もうガッツリ食べ過ぎて明日は食事抜きでもいいくらいです。

 

Merci!

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

楽器屋

posted on 2012/03/25

まだまだ寒いバンクーバー。白人のロコ達はTシャツ短パンの連中もパラパラ見かけるけどオレにはちょっとマネできないな。

 

とはいうもののこっちの白人は日本の夏のように高音多湿は調子悪いらしい。

 

そんなことはさておき最近あれやこれやと近くにある、まあまあデカイ楽器屋にギターのパーツや消耗品を買いにいってるんだけど、これがちょっと日本と勝手が違うんでインコンビニエンスな状態になることもしばしばだ。

 

まず楽器屋なのに日曜日は休業。日本だったらいつ稼ぐの?って感じだ。

 

ギターの弦がバラ売りしてない。へたった弦ばかり交換してると他の弦がたまってしまう。

 

店員の接客がアバウト。パーツの在庫を聞くと”ウイ・ドン・ハヴェ・ソーリー・マーン”で終わってつかつか行ってしまう。

 

いいところもあってスピーカーや照明、ギター類のレンタル量が多くてレコーディングやイベントにはかなり重宝する。

 

しかしかゆいところに手が届く日本の楽器屋はやはりグレイトって思うな。

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Jiro Dreams of Sushi

posted on 2012/03/18

きょうはひさしぶりにシアターへ足を運んでみた。

 

見たのは銀座のすし職人、すきやばし次郎のドキュメンタリー映画。

 

グルメのフランス人カップルと一緒に行ったのだけど、さすがのこだわりフランス人も日本の職人魂に感心していたようだ。

 

ストーリーは日本最高峰のすし職人の生き様を切々と映し出してゆく内容で、見ていていろいろと勉強になった。

 

同じ仕事を飽きずに毎日世界最高を求めて70年以上やり通すのは、並の精神力じゃとても無理だ。

 

お金や名声を得る誘惑に惑わされずに自己を貫き通す生き様は、今のご時世にあまりフィットしないような感じもあるけど、ひょっとしたらこういうフィロソフィーが仕事をする上で一番大事なのかもわからない。

 

何かを極めたい人には必見の映画だ。

 

もちろん映画のあとは市内のすし屋でたんまり、にぎりをいただきました。

 

日本人でよかったと思う瞬間だ。

 

PS, すきやばし次郎はミシュラン3スターで一人前3万円〜とかなりな高級店だが、客評価がばっさり二手に別れている。味は好みもあるし自分で食べてみて判断するしかないのだろう。

 

 

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

3.11

posted on 2012/03/11

あの東日本大震災から1年がたちました。

 

被災された方々には大変な1年だったと思います。

 

お見舞い申し上げます。

 

うちの母親も三重県南部で昭和東南海地震、チリ津波と被災し家が流されて大変だったと生前よく言ってたのを覚えています。

 

しかし聞かされた当時はあまりピンとこず、『あっそう大変だったね〜』程度で聞き流してました。

 

でも今回の震災ではもの凄い数の動画やライブ映像を目の当たりにして、自然災害をナメてたら大変なことになるなと思い知らされた感じです。

 

地震に関してはまだまだ余談を許さない感じですが、これからはもっと災害にあったときなどのことも頭に入れて行動しなくてはいけないなと思う今日この頃です。

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Pizzeria

posted on 2012/03/03

日本にいるときは、ほとんど毎日納豆やらごはん系の和食を食べているのにバンクーバーに帰ってくると何故かパンやパスタ系の食事がメインになってしまう。

 

下手すると2週間くらいごはんを食べないこともあるくらいだ。

 

日本食材はアジア系のスーパーにでも行かないと手に入らないこともそうなる原因のひとつだし、マーケットの刺身や総菜もイマイチだから、普段の食事は地元のモノ,うまいピザ屋にでもいったほうが得策ということになってしまう。

 

先日もうちからほど近いところに新しく出来たピザ屋に行ってきました。

 

インテリアもレトロチックなイイ感じの造りで、味のほうもかなりよかったです。

 

PS, 結局ディープ・パープルは行かずじまいでした。

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ