hiro takashiba official blog

過去の投稿

2月 2012 の投稿一覧です。

Brazil's Brilliant

posted on 2012/02/26

来月ジョアン・ジルベルトの初期の3部作がセットになったBrazil's BrilliantというBOX CDが発売されるらしい。

以前にも3部作バラバラにオムニバス形式で発売されたみたいだが、今回はジョアンのみフーチャーされたピュアバージョンだ。

 

この3部作を聴けばボサノバが苦手な人でも、かなりボサの良さが理解できるんじゃないかと思う。

 

なにせ自分がボサをやり始めた頃は、初期のジョアンの3部作はすべて廃盤になっていて唯一彼の初期の音が聴けたのが、”ジョアン・ジルベルトの伝説”のみ。

 

しかしこのCDもジョアンからのクレームですでに廃盤になっていたし、自分が初めてジョアンの初期の音源を聴いたのはDJの友人が持っていた廃盤になったジョアン・ジルベルトの伝説だった。

 

ボサノバ第一号と言われたシェガジ・サウダージも好きでよく聴いていたのだが、当時聴いてたのはインストでカエターノが歌っているのを聴いて初めて歌詞があることに気づいたくらいだ。

 

そのくらい初期のジョアンの音源を探すのが困難だったということだ。

 

イパネマの娘は知っていたけど、あれはかなり完成されたボサノバって感じでロック畑にいた自分はあまり魅力は感じなかったなあ。

 

しかしこの3部作はノリのいい疾走感がかなり残っていて、ロック系が好きなひとでもビート感があるから聴きやすいと思うし、AORが好みの人ならそのルーツになっている音だから気に入ると思う。

 

今回こういうかたちでまた初期のジョアンの音源が発売されることは、ファンにはありがたいことだし新たにボサノバファンが増えるかもしれない。

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Deep Purple

posted on 2012/02/24

今週、伝説ハードロックバンド、ディープ・パープルのライブがバンクーバーであるんだけど行くか行かないかちょっと躊躇してます。

 

そのワケは肝心のギタリスト、リッチー・ブラックモアが不在だからです。

 

リッチーのいないパープルなんて、ちょっと想像できないのだが、イアン・ペースのドラムは生で聴きたい気もするのだ。

 

しかしギターオタクの自分としては畑違いでも天才リッチーのプレイは見たいのだ。

 

尊敬するロックギタリストはジミヘンとリッチーがまず最初にくるのでしかたない。

 

なんでこの2人が好きかと言うとエレキギターを完璧に理解して操っている点だ。

 

だいたいエレキギターはクラシックギターのようにまだ完成されてない。ばっちりチューニングを合わせても本人が音痴だとフレットの押さえ加減やチョーキングをかければすぐにボロが出る。

 

しかしこの両名は微妙な指のピッチコントロールであの年代にフロイトローズなしのトレモロをかけまくって何の違和感もなくすごいプレイをしている。

 

これはビートルズなんかにも言えることで、聴覚が異常に鋭くないと不可能なことだ。身体の中にデジタルチューナーがインプットされてる感じ。だからギターのピッチが少々狂っても指で勝手に調整できるのだ。

 

 

 

もしも将来リッチーが参加するなら是非見てみたい。たぶんもうないかな。

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

So in love

posted on 2012/02/19

人間いろんなきっかけでその曲を覚えたり好きになったりすることがあると思う。

 

数年前にカエターノ・ヴェローゾがカバーしたコール・ポーター作曲の"So in love"と言う曲があって、このメロディラインが好きで自分でもコピーしたりしながら、なんか聞き覚えのある曲だと思ってた。

 

そしたらこれが子供の頃によく見た日曜洋画劇場のエンディングテーマだったんですね。

 

あのサヨナラ×3で有名な故淀川長治さんの映画解説のあとに流れるヤツ。

 

今思えば、ああいうかたちで洋画を見て西洋文化の洗礼を受け、同時に音楽の洗礼まで受けていたということなのだと思う。

 

あの当時あのエンディングテーマを聴きながら映画の余韻に浸って、オレもいつか英語ペラペラになって外国暮らししてやろうなんて夢中になってたような覚えがあるなあ。

 

それで今、外国暮らししているのは、やはり潜在意識の中に"So in love"の影響もあるのかなんて思ったりもする。

 

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Hiro sushi!

posted on 2012/02/12

バンクーバーで寿司屋はじめました!

 

 

なんてのは冗談で、家から目と鼻の先にあるシティ・スクエアの中にあるお寿司屋さんです。

 

以前から名前が気になっていたので、今日通りぎわに思わずiPhoneのシャッター押しちゃいました。

 

次回は何か買ってみます!

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

ジミヘン神社

posted on 2012/02/06

きょうのお昼にガスタウンにピザを食べにいった帰り道にちょっとおもしろい場所に立ち寄りました。

 

その名はなんとジミヘン・シュライン!あのエレキの神様が祀られている神社なんです。

 

ここはチャイナタウンのはずれ、昔ジミヘンのおばあさんがフライドチキンを揚げていた店のあとらしくジミヘンも少年の頃この近所に住んで学校に通ってたらしいです。

 

今も誰かがこの場所を手入れしているらしく花などが飾られてました。

 

フェンスにあるボタンを押すと彼の音楽が流れてくる仕組みになっていて、神社と言えどやっぱりロックっぽいなあ〜。

 

どういう場所なのかYouTubeにアップしてたった動画を貼っておきます!

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ