hiro takashiba official blog

過去の投稿

3月 2011 の投稿一覧です。

Whistler

posted on 2011/03/29

バンクーバーに帰ってきてから、2日ほど時差ボケ状態だったので体調を整えるためジムに行ったりしてましたが、今日は地震のニュースで一杯の頭の中をリフレッシュする為にもオリンピック会場にもなったウィスラーへ気分転換に行って来た。

 

月曜日というのにゲレンデはかなりの人出でにぎわってたけど、こっちは日帰りだったので今回はスキーはせずじまい。

 

街の中を散策、ランチにカナダのバカでかいハンバーガーを食べ、ひたすら新鮮な空気を吸ってきた。

 

スキーリゾートでも日本救済のバザーが行われる広告があった。自分もバンクーバーで行われる地震のチャリティコンサートにサインしてるので、そういう催しにはなるべく参加しようと思ってます!

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

バンクーバー

posted on 2011/03/24

日本の家を出てからバンクーバー国際空港のゲートを出るまで24時間少々かかった。

 

成田も思ったほどの混雑ではなかったものの、エアー・カナダのクルーが危険回避の為か、いつもの東京泊でなく大阪泊になったらしく、また成田から関西へ飛んでバンクーバー着になったからだ。

 

こっちは名古屋ー成田ー関西ーバンクーバーと国内線を行ったり来たりさせてもらったので少々疲れた。

 

バンクーバーの空港では放射線のチェックもなしで、すんなり通過できた。到着したバンクーバーの街はいたって平穏、日本の震災報道もかなり減ってきている感じだ。

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

帰国

posted on 2011/03/21

震災のショックもまだ収まらないまま、はや10日が過ぎようとしている。

 

震災の影響か、うちのインターネット回線も3日ほど前にパンク。

 

あれから自分も衝撃的な映像やニュースを見てレコーディングも手に付かず、義援金などの援助をさせてもらいながら右往左往しているところに原発事故の悪化。。。考えた末、とりあえずはバンクーバーに帰ることにしました。

 

世界から見れば小さい島国、日本での大きな原発事故はかなりシリアスに報道されているようだ。この事故の収拾がつくまでは日本経済も安定しないだろう。

 

火力発電がこの事故を見れば、まだ遥かに安全に見えてくる。これからも電気は必要なワケだから、この事故を教訓にもっと安全に電気を供給する手段を考えていかないとまずい。

 

とにかく一刻もはやい被災地と原発事故の復旧を望みます。

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Tarrega

posted on 2011/03/16

今日オークションで競り落としたギターが1ヶ月経ってカナダから到着!

 

海外からギターばっかり買っているので、楽器貧乏になってしまいそうだけどヴィンテージギターは待っていても4、5年出回らないこともあるので、買える時に無理してでも買うのがマイ・スタイル。でもこれで当分控えるぞ。。。

 

今回はあのジョアン・ジルベルトが今使ってるTarregaとそっくりそのままのブラックヘッドモデル。音はこのあいだ入手した40年代製の方がジョアンの音に近い。このTarregaは音に張りがあって、どちらかと言うと60年代製の"Serie Artistica" Autor3に近い気がする。

 

これからもっと弾いてやれば、いい音になってくるんじゃないかと思う。

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

BBC CNN

posted on 2011/03/16

外国では日本の原発事故の惨状が国内より、もっと深刻に報道されているようだ。

 

今日も朝一でバンクーバーの妻から、あなたBBCやCNNの報道見てないのか?と国際電話がかかってきた。このままだと日本は放射能汚染でとんでもない事になると言っているらしい。もう外国人はみんな日本から脱出し始めている。

 

あまり心配をかけると気の毒なので月末までには帰国しようかと思っているが、飛行機の空席状況もタイトになっている。とりあえず明日またチケットをチェックだ。

 

しかし、あの大暴れしている原発を封じ込める手段はあるのだろうか? 核燃料は何千年と放射能を出し続けるらしいけど、ヘリで海水をずっとかけ続けるのは不可能だ。でもこのまま放置すれば核分裂を起こしてしまう。

 

まさに現代にゴジラが出現した感じがする。果たしてこの怪物を封じ込められるのだろうか?

 

被災した方々には心からお見舞いを申し上げます。

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

東北関東大震災

posted on 2011/03/14

津波被害は想定外の規模。被災者の方々には心よりお見舞い申し上げます。

 

自分の実家も三重の太平洋沿岸部。津波が押し寄せて来る動画を見ながら人ごとではないような気持ちです。

 

大変な時期ではありますが、一人でも多くの人の命が助かるようお祈りいたします。

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Tsunami

posted on 2011/03/12

きのう午後起こった地震で東北太平洋沿岸部は凄い事になっている。幸い三重県沿岸部はほとんど被害がない状態だ。

 

仙台地区では地震発生から1分以内に7m以上の津波が押し寄せて来たというから避難するのは、ほとんど不可能だ。

 

首都圏でも電車、地下鉄はストップ、携帯はつながらない。いくらテクノロジーが進化したとはいえ、まだ自然の前では人間はあまりに無力だ。

 

一日も早い被災地の復旧を願う。

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Vancouver

posted on 2011/03/10

バンクーバーが5年連続で世界一住みやすい都市に輝いたらしい。

 

世界140都市を対象に治安、医療、文化、教育、基幹施設など30項目でスコアーを測ったらしい。

 

バンクーバーは98%キープで1位!

 

住んでいるとあまり実感はわかないが、そう言われれば人や環境にやさしい街だと思う。道路は整備されてるし、目障りな建物や看板もない。公園は多い。都市計画の成功例かもわからない。

 

裏返せばアレくらい整備しないと寒いし雨の多い街に誰も住んでくれないから、長い間努力した結果なのかもわからないな。

 

でも一度ああいう都市に住んでしまうと、気分的になかなか他の国や都市には窮屈で住みにくくなるから、それもちょっと困る。。。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

TAROの塔

posted on 2011/03/03

このあいだひさしぶりにテレビにスイッチを入れて見たのが、NHK連続ドラマ "TAROの塔"。

 

あの日本が生んだ天才芸術家、岡本太郎の生涯をドラマ化した番組だ。まだ一回目を終えたところなので何とも言えないが、NHKもかなり気合いが入ってるらしくて見ごたえはあった。

 

生前にテレビなどで彼を見たときは、かなり変わったオッサンだというイメージしかなかったが、彼を取り巻く家族や生活環境をドラマを通して見ていると、なるほどああやって天才が出来上がって行くんだということが垣間見える。

 

今の時代何もかも型にはまってしまって、彼のように型破りなことをする人はあまりいないような気がする。アーティストにしてもカネにならないモノなど創らないみたいだし、成功したい認められたいで体制に尻尾を振ったりしてノーと言えるひとも少ないみたいだ。

 

こんな時代だからこそ、岡本太郎のようなフィーリングが求められるのかもしれない。

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ