hiro takashiba official blog

過去の投稿

3月 2010 の投稿一覧です。

weekend

posted on 2010/03/30

ごきげんよう。

 

週末はカナダ産ロブスターを何匹か買って来て、女友達も呼んでシャンパンと一緒に楽しんだ。

 

自分はロブスターよりもクラブ派なんだけど、パーティーはやっぱりロブの方が様になります。

 

あとチーズとサラミにアーティチョークのディップ、オイスターも。

 

もう完全にこっちの食生活というかテイストに戻ってしまったようだ。

 

それで昨日は1ヶ月間まともに米を食べてないのを思い出して炊いてみたりした。

 

たまには米も食べないと味を忘れてしまいそうだ。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Coração Vagabundo

posted on 2010/03/28

ebayでオーダーしてあったカエターノ・ヴェローゾのDVD『Coração Vagabundo』がサン・パウロより到着!

 

早速観賞してみた。

 

このDVDはサン・パウロ、ニューヨーク、日本と彼のツアーを追ったドキュメンタリー風の映画で丁度このジャンパンツアーの最中たまたま自分も日本にいたので彼のコンサートを名古屋で初めて見る機会があった。

DVDの中では、さすがよく喋るアーティストと言われるだけあって、いろんなことを言っているが、音楽やモノのとらえ方がアメリカ的でもヨーロッパ的でもないところが面白い。

 

ブラジル系のアーティストは物質(モノ)にとらわれずに、精神的な部分で音楽をとらえるところが個人的には好きな部分だ。

 

金儲け主義ではなく、いかに自分の考えを音で表現するかをファンダメンタルにもっていってるところがイイ。

 

それでいてカーネギーホールに招待されてシートをソールドアウトにしてしまうパワーも身につけている。

 

もう一度じっくり見てみようと思う。

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

砂の女

posted on 2010/03/25

ごきげんよう。

 

ずいぶん前に読んだ安部公房の『砂の女』がおもしろかったのを覚えてる。

 

いろんな言語に翻訳されてて海外でも人気が高い日本小説の傑作だ。

 

カナダの友人もかなり評価してた。

 

その『砂の女』たまたま映画化されたヤツをYouTubeで見つけた。

 

ざっと見てみたけど面白さは本のほうが安部公房の文体がかなりスリリングなせいか、あるように思う。

 

動画を貼付けておいたので興味のあるかたは一見あれ!

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

AC-33

posted on 2010/03/23

ごきげんよう。

 

今日、eBayで買ったRolandの新型小型アンプAC-33が無事アメリカから配達されてきた。

これまで音響設備のない小さいカフェやパーティで演奏する時はいつもMACKIEのデカいアンプ持っていって演ってたのが、これで楽になりそうだ。

 

このAC-33は単三電池でも8時間くらいの演奏はOKなので、たとえ旅行に持っていってストリートギグになっても大丈夫。

 

ギターとマイクでサウンドチェックもしてみたけど、小型の30Wのわりには新型だけあって音圧もあってイイ感じ。

 

AC-33来月くらいからこき使ってあげようと思います。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Saturday night

posted on 2010/03/22

ごきげんよう。

 

昨夜はひさしぶりにYaletownへ夜遊びに行ってきた。

倉庫街を改造したナイトスポットでいつもワルっぽい男や女であふれかえってる街だ。

 

その前にAeriosaというアクロバットショーが近くのライブラリーであるというので立ち寄ったけど、これがビルの15階くらいの高さの壁を床にみたてて宙づりになってダンスをするヤツで、見ていてちょっとハラハラした。

Yaletownでは友達の会社が内装をやったKEGというレストランに行ったのだが、これがけっこうなキャパで2階吹き抜けエレベーター付き3フロアーに別れていてインテリアも豪勢な物を使ってた。

 

店の中は土曜の夜ということもあってかフルハウス。

 

こういうところで飲んでると日本とは全然ちがう雰囲気が味わえるので、曲のアイデアを練ったり、脳を刺激するためにはもってこいだ。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

CD Jacket, Kenny Colman

posted on 2010/03/18

ごきげんよう。

 

きょうのバンクーバーは朝から快晴、さっそく昼過ぎからCDのジャケット用素材を撮影しにギターを車に積み込んで車で5分ほどのところにあるQuayside Marinaへ行ってきた。

 

ここはバンクーバーでもブルジョア連中がクルーザーを停泊させてたり、フェラーリなんかで遊びにくるところ。きょうも一台赤いヤツが走ってた。

 

前に何度かブルジョア連中にクルーザーの上でライブをたのまれてやったりしたことがある。

 

きょうは自分もギターもいろいろ撮ってみたけど、使えそうなのがあればこの中から選んでみようと思う。

 

ギターはこんな感じで。

撮影も終わって帰ろうとプロムナードを歩いていたら、ジャズシンガーのKenny Colmanに遭遇。

 

彼は昔ラスベガスで歌ってたころはフランク・シナトラやトニー・ベネットとも親しかったらしい。

 

2、3年前に彼が俺のライブを見ていて声をかけてくれたのがきっかけで、それから顔見知りになって彼がバンクーバーのハイアットで歌ってたころ飛び入りで2、3曲歌わせてもらったりもした。

 

なんと彼こそ、60才デビューしたシンガーで、知り合った頃、『hiroお前音楽に情熱があるんだったら絶対歌あきらめるよ!』って言ってくれた人だ。

 

しばらく立ち話をしていたが、今度はライオネル・リッチーのプロモーターと組んでアメリカでツアーをやるとか言ってた。

 

別れ際、是非日本にも行きたいからhiro、イベンターを紹介してくれとも言ってたな。

 

彼なんかだとブルーノートあたりでやると、いい雰囲気でやれるんじゃないかな。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Myspace

posted on 2010/03/17

ごきげんよう。

 

きょうはデモなど持って自分のプロモーションなどをやったり、とうとう日本食材を買いに行ったりしてました。

 

プロモーションの方は夏に向けてのイベントやカフェでのギグのブッキング活動ってところ。

 

でも今年は7月くらいから、ヨーロッパストリートライブ武者修行に出かけようと思っています。

 

この企画は世界中旅してる大道芸人やミュージシャン達と話していて、『ヨーロッパは音楽はストリートからだぜ』とよく聞かされていたので、いつか行ってみたいと思ってました。それで今年くらいしかチャンスがないかなという結論に達したというもの。

 

向こうで1ヶ月くらいやればいろんな経験が出来そうだ。

 

このあいだ20曲ほど録ったボッサのスタンダード曲を何曲かMyspaceにアップしたのでヒマなときに聴いてみてください!

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Trilingual kids

posted on 2010/03/14

ごきげんよう。

 

昨夜は夕食を作るのが面倒なのでどこかへ食べに行こうと思っていた矢先に友人からさそいの電話。

 

さっそくワインなど片手に出かけた。

 

他の知り合いも子供を連れて来ていたのだけど、そこのファミリーは母親がジャパニーズで父親がフランス系カナダ人。

 

子供との会話は母親が日本語で子供は英語で応対、父親はフランス語でその場合は子供はフランス語で応対。

 

子供達は普通に3カ国語を生まれたときから話している。

 

俺が子供のころと、あまりにも落差がありすぎる。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

マスタリング

posted on 2010/03/12

ごきげんよう。

 

今日のバンクーバーは朝からみぞれ混じりの空模様で寒いのやら、寒くないのやらわからない天気。

 

流してしまっていた運転免許証も無事きょう郵送されてきた。郵送。。。

 

日本だったらややこしいことになりそうだけど、こっちは流してしまっても更新時間3分で講習なしだ。

 

さて、このあいだ日本にいる時レコーディングしたボサノヴァのスタンダード20曲ほどを昼から一気にマスタリングした。

 

出来がイマイチのもあるので、最終的には16、17曲になるかなあ。

 

あとはジャケットを考えて来月には完パケまでもっていきたい。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Guitar

posted on 2010/03/11

今日はバンクーバーでギターリペアをやっている石川さんの工房にピックアップ取り付けをお願いしていたギターを引き取りにいって来た。

 

なにしろ、あちこち傷んでいる1959年製のブラジリアンギターなので、ちょっと心配だったが、かなり工夫してくれてうまく取り付けてもらった。

 

アンプを通してチェックしてみたら、思い通りの音が出てきてくれたので感激。

 

ソロで歌いながら演奏する場合はベースとトレブルの分離が良くないと、俺の場合まったく自分がノッてこないのでやはりギターの音は明確に自分が想像している欲しているその音でないと具合が悪い。

 

ギターの音は最終的には個人の好みの問題だけど、そこのところはミュージシャンなら自分がリスペクトしているミュージシャンの音を研究して徹底的にこだわってほしい。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

時差

posted on 2010/03/09

ごきげんよう。

 

今回は時差もそれほどでもなかったので、着いた次の日からイミグレーションの申請書を提出したり夜は2日連続でパーティに出たりしてます。

 

クルマの運転は日本にいた時のクセで交差点では左車線に入りたくなるので、ちょっと危なっかしい。(汗)

 

英語はちょっとロレツが回りにくかったけど、もう大丈夫。

 

あと食べ物もまたこっちのスタイルに戻ってしまって、タイ料理やベトナムのフォー、パスタに飲茶、早い話しがグローバルフード系になってしまってます。

 

不思議と和食を食べたくならない自分がちょっと憎い。

 

さあこれからブッキングやオーディションの準備します。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

safe landing

posted on 2010/03/06

やっとバンクーバーに到着。

 

これからイミグレーションやドライバーズライセンスオフィスに申請書を出しに行ってこなくては。

 

今夜は友人達がさっそくウェルカムパーティを開いてくれるらしい。

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

ciao Japan!

posted on 2010/03/02

ごきげんよう。

 

あと2日ほどでバンクーバーへ帰ることになりました。

 

コンサートを見にきてくれたみなさん。CDを買ってくれたみなさん。全国でお世話になったスタッフのみなさんホントにありがとうございました!!

 

また会える日を楽しみにしてます。

 

バンクーバーへ帰ったら、街のあちこちでまたライブをやる予定です。

 

詳細はまたホームページにアップしますので、よろしく。

 

もちろんブログもアップしますので、たまにはチェックしてみてください。

 

それじゃみんな元気で!

 

ciao!

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

津波

posted on 2010/03/01

ごきげんよう。

 

バンクーバー五輪も終わった。カナダは地元での開催ということで、かなり気合いが入ってたらしく金メダル獲得も最多だったらしい。

 

これで街もまたいつもの平穏を取り戻すことになるのだろうか。

 

バンクーバーの友人でチリ出身の女性の家族が今回の津波の震源地になった街に住んでるらしく、安否が気づかわれている。

 

電話は普通だし、たよりはFaceBookだけらしい。その後まだ情報をもらってないが、大事になってないことを祈りたい。

 

日本は幸い津波被害はなかったけど、もし海上にある空港なんかが被害を受けたら、帰国どころじゃなかったな。。。

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ