hiro takashiba official blog

過去の投稿

10月 2009 の投稿一覧です。

Bグル

posted on 2009/10/30

ごきげんよう。


先日ヤボ用で和歌山県の新宮市へ行ってきた。昼時に行ったということもあって、とりあえず簡単なもので腹ごしらえをと、ご当地ラーメンで有名な(らしい)民福という店に立ち寄ってきた。


和歌山ラーメンは全国的に有名だが、ここのラーメンはあっさり、さっぱり系の和歌山らーめんと言ったところか。

麺もほどよいかたさで、あと2回通ったらクセになりそうな感じの味だ。


やはり海沿いの街にはあまりコテコテの豚骨醤油系は似合わんわな〜。


ただスープが少ないのがちょっとこころ残り。

 

ここ2年ほどインスタントラーメンもほとんど口にしてないので、やはりうわさのラーメン屋は気になってしまう。

 

日本には、あちこちにこういうおいしいラーメン屋があるのでホントうらやましいかぎりだ!

 

やはり海外生活のネックは食文化のギャップか。


謝謝。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Orlando Silva

posted on 2009/10/28

ごきげんよう。

 

いきなり今日はサンバカンサオンの話し。

 

ブラジルにボサノヴァが登場する以前に全盛を誇ったサンバカンサオン。

 

その大御所オルランド・ジルヴァ。あのジョアン・ジルベルトも彼を夢見てミュージシャンをこころざしたほど。

 

なるほどジョアン・ジルベルトの初期の歌は彼そっくりだ。

 

音源がちょっと古いけど、オルランド・ジルヴァに興味のある方は聴いてみては?

 

個人的にはこういうサウダージを感じてしまう曲もけっこう好みッス。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

day trip

posted on 2009/10/25

ごきげんよう。

 

昨日は伊賀上野、松阪方面までコンサート会場の下見をかねてのディートリップ。

 

伊賀上野の田楽の老舗わかやさんの取りはからいで去年オープンしたCafe Wakayaさんで11/21日にコンサートが開催される予定となった。

 

着いてすぐ田楽のわかやさんに行きオーナーのYさんに挨拶、もちろん名物の田楽を所望、クォリティーの高い豆腐を丁寧に焼き上げた一品、すごくおいしい。

 

それからCafeに移動。この日は伊賀上野の祭礼と重なって街はけっこうな人出、車は通行止め状態。

 

山鉾の後をついて歩くこと10分ほどでカフェに到着。

 

店は祭礼のお客さんで満席状態、レトロ建築を改装して造った店内はいい雰囲気でボサノヴァ系のコンサートにはぴったりのスペース。

 

オーナーのEさんに挨拶して本格エスプレッソで一息入れ店をあとに。

 

伊賀上野は城下町だけあってまだまだ趣のある古い建物があちこちに残っていて哀愁が漂ってます。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Skyping

posted on 2009/10/22

ごきげんよう。

 

仕事の都合で、いつバンクーバーに戻れるのか分からない状況の今日このごろ。

 

今日はバンクーバーでいつも一緒にパーティをやっている友人たちがディナーパーティをやるというのでSkypeを使って30分ほど割込参加させてもらった。

 

向こうは夜の9時半ごろでワインを飲みながら盛り上がってた。こっちは午後1時半、まだ飲む時間じゃなかったのでシラフ。

 

ビデオカメラをオンにして30分ほど話したけど、初めてSkypeを使った人もいて、最初ちょっと信じられないといった様子だった。

 

ITの進化で海外とインターネットを通していろんなことが出来るようになってきたので、ほんと面白い。

 

最後に1曲みんなに披露してビデオチャット終了。

 

おたがいもう少し通信速度が速ければ完璧だ。

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

メディア

posted on 2009/10/21

日本に帰国してからかれこれ半年以上新聞、テレビに縁がない日々を送っている。

 

そのぶんインターネットを活用している。

 

海外生活の習慣が、まだそのままになっている。

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

visitor

posted on 2009/10/18

ごきげんよう。

 

きのうは昼過ぎまでハッキリしない天気だった東紀州地方。

 

午前中出雲でお世話になった日本一大名陣のSさんからの電話で近場まで来ているので急遽こちら方面へ立寄りたいとのこと。

 

2つ返事でOKして午後2時過ぎに合流、2人で尾鷲市内探索、Sさんがさんま寿司に興味があるとのことだったので創作さんま寿司の橋本屋でランチブレーク。すごく気に入ってくれた。

 

それから那智勝浦方面へ移動して那智の滝と勝浦温泉を紹介。

 

出雲と東紀州は日本の裏と表にある僻地同士。なにか用でもないかぎり死ぬまでお互い行く機会なんてない。風景も食べ物も人もすべて対局にあるような感じ。しかし一つ共通していることはどちらも日本でも有数の霊場、出雲大社と熊野大社が鎮座する神の国だ。

 

Sさんいわく、那智の滝の磁場には圧倒されてしまったとのこと。それとホテル浦島のあの長いクレイジーなエスカレーターにも!

 

Sさんには予想外の東紀州だったらしく今後の仕事のいいアイデアをたくさん見れたと言ってくれてた。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

YouTube

posted on 2009/10/13

ごきげんよう。

 

9月27日に三重県立熊野古道センターで行ったコンサートの模様をYouTubeに数曲アップロードしてみたので、お知らせします。

 

当日のライブの雰囲気はつたわるかと思います。

 

これからもYouTubeにいろいろアップロードしていきたいとおもいます。

 

ヨロシク!!

 

 

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

chiropractic

posted on 2009/10/11

ごきげんよう。

 

秋晴れの休日、昨日から名古屋方面へ行ってきた。

 

一宮のあるカイロプラクティック(整体)のクリニックに行ってきたのだが、カイロは生まれて初めての体験。

 

特に悪いところがあったわけではないのだけれど、骨のズレなどがあると長時間楽器の演奏をすると疲れて集中力が落ちるのと特にヴォーカルは声の共鳴にかなり悪影響があるらしい。

 

興味があったので、さっそく先生に診察してもらったら脊椎の2、3、4番の向きがおかしいのと骨盤が後ろに曲がってるとのこと。

 

おまけに頭蓋骨の左側が下がって顔が少し歪んでるらしい!?

 

骨を矯正してもらうこと40分、最初にあった首のあたりの重さが消え一気に身体が軽くなったような感じ。

 

いろいろアドバイスを受けて最後に扁平足気味の足も矯正してもらったら形がすごく良くなった。

 

そのあと名古屋で『火天の城』を見た。

 

夜は知り合いのNさん達と午前2時まで飲み会。

 

みなさん、お疲れさまでした。

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

typhoon

posted on 2009/10/09

昨夜の台風の暴風にはさすがに参った。

 

最大風速45m!!


夜中に家の2階にいったら外はトタンやらいろんな物が乱舞していて、もう少しで家のサッシを直撃してくれるところだった。


避難勧告は出ているし、外はちょっとヤバそうな雰囲気。


気晴らしのためジョン・ベルーシのビデオを何本かネットで見て大笑いして、そそくさと寝た。


傑作だったのが、ジョー・コッカーの物まねシリーズ2本。

 

朝からはもちろん家の辺り一面に散乱したゴミの後片付け。

 

昨夜、県外からニュースを見てメールを送ってくれたみなさん、ありがとう!

 

何とか無事でした!

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

let's get lost

posted on 2009/10/07

台風が近づいているようだ。

 

大雨になると街へ出る気は失せてしまい、必然的にうちで黙々と音楽を聴いたりしてしまう。

 

昨夜はひさしぶりにチェット・ベーカーをしみじみ聴いた。

 

Almost blueがとくに良かった。

 

マイルス・ディビスと共に各方面に多大な影響を与えた超自己破滅型トランぺッター・ヴォーカリスト。

 

彼のトランペットもすごいが、ボーカルはボサノヴァ誕生にかなり影響を与えた。

 

ジョアン・ジルベルトがチェットのボーカルスタイルを真似て編み出したのが、ボサノヴァと言われている。それまでのジョアンの歌い方がまるっきりフランク・シナトラだったのをみても、どれだけチェットに影響されたのかよくわかる。

 

そのチェット・ベーカーのドキュメンタリー映画"let's get lost"のさわりをYouTubeで見つけた。

 

いやになるほどクール。

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

skype

posted on 2009/10/05

ごきげんよう。

 

きのうはskypeを使ってカナダと日本でインターネットを通して1時間ほど会話してみた。

 

skypeというのはインターネット電話のためのソフトウェアーでビデオチャットなども楽しめる。

 

半信半疑インストゥールして初めて使ってみたが、これがなかなかイイ!

 

電話よりも音がいいし、何せどれだけ使っても無料だ。

 

いままで雑音の多い国際電話に払ってたカネはなんだったのか?

 

またこれで世界が身近に感じられてきた。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

想像力

posted on 2009/10/03

ごきげんよう。

 

秋の長雨も今日と明日は一服らしい。

 

長雨に弱い自分には恵みの日差しといったところだ。

 

さて最近は社会経済の閉塞感でみなさんストレスフルな日々を送っている人が多いように思う。

 

こういう時期には人間は確実に2種類にわかれてゆく。

 

1つは楽観主義者、もう1つは悲観主義者。

 

どちらの人生が楽かと言えばもちろん前者の方だ。

 

結論から言うと、これはただ想像力の違いによるものだと思う。

 

思考の中にプラスのファクターを見つけ出すのか、マイナスのファクターを見つけ出すのか。

 

ただそれだけだ。

 

もちろん俺は楽観主義者の方だ。

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

coracao vagabundo

posted on 2009/10/01

ごきげんよう。


きょうから10月、神無月といったほうが風情があるけど、ふつうに日本では10月と呼ぶ。


でも12月だけは何故か師走と呼ぶ。


先進国では今でもJanuary(睦月)、Febrary(如月)という呼び方をしてるのだが、何故か日本だけはすばらしい陰暦の名があるにも関わらず1、2、3月と風情のない呼び方をする。


陰暦で呼んで月を間違えるほど日本人はアホではないはずだと思うが。


ちょっとしたことで詩情のある暮らしが出来たりするので、少しこういったことも政府のお偉い方に考えてほしいものだ。


さて敬愛するカエターノ・ヴェローゾのドキュメンタリーフィルムがブラジルで公開されてるらしい。


ちょうど日本で彼のコンサートを見たときにロケをやってたらしく、日本でのカットもかなり収録されてるみたいだ。


"coracao vagabundo"さまよう心、タイトル通り彼のスピリチュアルな部分を探る作品なのだろうか?

興味があるので海外での公開を期待したい。

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ