hiro takashiba official blog

過去の投稿

9月 2009 の投稿一覧です。

ごきげんよう。

 

昨日の大雨は夏から降り積もっていた街のダストを洗い流し秋の訪れを予感させるセレモニーのようだった。

 

夏との決別、これからどんどん秋が深まってゆく。

 

さてライブの緊張もほぐれてきたけど、今回もいろいろと勉強になった。

 

若い頃はバンドで1000人キャパのホールで演奏しても何てことはなかったけれど、今回は150のキャパでもボサノヴァソロコンサート、ゴマカしと逃げ場がないぶん演奏前にリラックスしておかないと音がコントロール出来なくなる。

 

演奏がはじまっても、いろんな予想外のファクターが出てくる。

 

巨匠ジョアン・ジルベルトが5000人相手に演奏する前に1時間遅刻したりする気持ちも分かるような気がするのだ。

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

ボサノヴァの夜

posted on 2009/09/28

ごきげんよう。

 

昨夜コンサートに来てくれたみなんさん、ありがとう!

 

ボサノヴァの夜、楽しんでいただけたでしょうか?

 

僕も約2ヶ月ぶりのコンサートでいい緊張感を味わうことができました。

 

ギターと声だけのシンプルなコンサートでしたが、J-POPの名曲もボサノヴァ風に演奏したりしたので、ボサノヴァを聴いたことのない方も親近感を持ってもらえたのではないでしょうか?

 

また次回さらにグレード・アップして、みなさんと会える日を楽しみにしています!

 

〜昨夜のセットリスト〜


1. One Note Samba

2. WAVE

3. A Day in Yokohama

4. バラ色の人生

5. Besame Mucho

6. Crazy Love

 

ブレーク

 

7. ワインレッドの心

8. Agua de beber(おいしい水)

9. Endless Summer

10.時間よ止まれ

11.イパネマの娘

12.想いあふれて(Chega de Saudade)

13.Jealousy

アンコール

14.あの日に帰りたい

15.Mas Que Nada

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

熊野古道センターライブ

posted on 2009/09/26

ごきげんよう。

 

明日は18:00から熊野古道センターでのライブ。

 

 

ギターとボーカルだけのシンプルなボサノヴァライブですが、曲目はフルコースをバッチリ演奏しますので、お楽しみに!

 

See you in there !!

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Bossa nova 50 anos

posted on 2009/09/25

ごきげんよう。

 

9月27日の熊野古道センターライブはボサノヴァの名曲とオリジナルを交えて2ステージやる予定です。

 

去年はボサノヴァ生誕50周年を記念して、いろんな催しものがブラジルでも開催された模様。

 

カエターノ・ヴェローゾとホベルト・カルロスもイベントを開催したようでその様子がYouTubeにあったので貼っておきます。

 

もしライブにこられる方がいたら、こういう曲も演奏する予定なので聴いてみてください。

 

イパネマの娘

 

wave

 

想いあふれて

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

スーザン・ボイル

posted on 2009/09/19

ごきげんよう。

 

ご存知の人もいると思うけど、このおばさん47才(俺とあまり年かわらん!)でオーディションにトライしてスーパースターになっちゃったスーザン・ボイル。イギリスの片田舎の教会でボランティアをしていて、いきなりスターダムにのし上がってしまった人。

アメリカでコンサートをやったら大騒ぎ!

さあミドルエイジ諸君、今からでも遅くはないぞ!

まずはガチガチの固定観念をぶち壊そう!

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Lunch

posted on 2009/09/17

ごきげんよう。

 

きょうは朝からドライブ日和だったので、ギターを車に積み込んで野外で練習がてら三重県志摩市にある東山物産まで究極のうな丼を食べに行って来た。

 

店の名前がなんか問屋のような感じがするけど、ここが知る人ぞ知るうな丼屋!

 

山道を走ること2時間、昼過ぎに店に着いたらけっこうな人。

 

早速うな丼を注文したが、こいつが外パリ中フワの大当たり!

 

 

生きててよかったと思う瞬間を経験。

 

こういったおいしいモノを食べて心を豊かにするのも、いい音楽をやるには欠かせない事なのであります。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

通販

posted on 2009/09/15

ごきげんよう。

 

最近、インターネットの通販にハマってます。

 

本から靴、インストからクローズまで、けっこうガンガン買っちゃってます。

 

なんせ遠くの店まで出向いても欲しいモノが全然見当たらないこともあるので、わたしの場合、必然的にネットにたよることになっちまいます。

 

通販ではほとんど期待を裏切られることはないというか、これリスペクトに値するぐらい日本の通販のサービスの良さというか、販売から配送までのプロセスのすばらしさに感心しちゃってます。

 

だいたい通販で注文すると翌日にモノが自宅に到着します。

 

カナダあたりじゃあ考えられないことであります。

 

今度は秋の夜長を彩るグルメ系の食品でもゲットしようか、などと企んでいる今日この頃。

 

 

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

セットメニュー

posted on 2009/09/14

ごきげんよう。

 

9月27日の熊野古道センターライブにむけてセットメニューなど考えながら練習してますが、今回はスタンダードボッサとオリジナル曲のほかに日本の名曲を何曲かフルコーラスでボッサアレンジでやってみようかと思ってます。

 

というのもレコ発ツアーでユーミンやらサーカスの曲を説明を交えてボサノヴァ風に最初の部分だけ演奏したらフルコーラスやってほしいとけっこう言われてしまったので、今回は時間もあるので数曲ソレ系の曲をやってみようとおもってます。

 

まあ、そういう曲がきっかけでボサノヴァにはまることもあるからね。

 

曲目は当日のお楽しみということで!!

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

A&B級グルメ

posted on 2009/09/13

ごきげんよう。

 

先日ブログでも紹介した友人でサンフランシスコ在住のミシュランスターシェフ"WAKA"と別の友人宅でたこ焼きパーティを催した。

 

パーティの前にWAKAちゃんと2人で魚屋に行って新鮮なカツオと鬼エビを品定め。

 

もちろん彼に選んでもらう。旬のたこも調達。

 

刺身にしてもらったカツオやエビをミシュランシェフがサクサクとミョウガやショウガ、ネギと梅肉のトッピングを添えてオリーブオイルとセサミオイルで絶妙な味にしたててくれた。(なんと贅沢ナ!)

 

醤油でいただくカツオの刺身とは対局にあるテイストでVERY(F')GOOD!

 

それとパーティの主役のたこ焼き君とが絶妙なハーモニーをかもし出し、ちょっと言葉では言い表せないA&B級グルメの宴を味あわせてもらった。

 

おいしいビールと日本酒も手伝って長月の夜は更けたのでありました。

 

終わり。

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

高速道路無料化

posted on 2009/09/11

ごきげんよう。

 

民主党のマニフェストで高速道路無料化というのがあるらしい。

 

けっこうなことだと思う。

 

俺は今カナダに住んでいるけど、高速道路はフリーウェイという名の通りタダの道で、ごく一部の訳あり地区を除いてほとんど無料でどこまでも行ける。

 

国境を超えてアメリカのロスまででもニューヨークまで行っても無料だし自動車保険も適用される。

 

高速道路が無料だと時間と金からかなり解放されるのでフットワークが軽くなり、仕事でも遊びに行くのでもあまり苦にならなくなる。

 

ぜひ実現してほしいファニフェストだ。

 

無料化反対なんて意見もマスコミで聞かれるけど、そいつら誰かに金もらって書いてるだけだろう。

 

とにかく、たのむよ!って感じ。

 

それじゃ自動車税と車検はどうか? それもカナダにはない。

 

排ガス検査だけあるだけだ。

 

ブレーキも自己管理だから、けがをしたけりゃ勝手にどうぞって感じ。

 

自動車保険は3ヶ月単位で買えるので、オープンカーは夏の時期だけ入るとかできる。

 

狭い国だからもっと安く楽しくスムーズに移動できる日がくることを期待したい。

 

PS、北米の道路はあまり金をかけずに造ってあって、けっこうキツいカーブでも制限速度90キロでカードレールなしとかある。

無料だからしょうがない。向こうは全て自己責任だ。

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

before&after

posted on 2009/09/08

ボサノヴァの生神様、ジョアン・ジルベルトのデビュー当時と約50年後のパフォーマンスの違いとは?

 

個人的には前期の疾走感のあるサウンドが好み。

 

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

week end

posted on 2009/09/07

週末に行ったプライベートイベントも無事終了。(と言ってもバンドの騒音の苦情で警察が来たが。。。)

 

そのイベントというのは実は昔、一緒にバンドをやってた友人の追悼ライブだったわけで去年俺はその彼の死の知らせをカナダで聞いた。

 

ほぼ同年代の彼の身体は末期のがんにおかされていたらしく、症状が出たときはもう手遅れの状態だったらしい。

 

20年来の付き合いだったので彼の死はちょっと受け入れがたかったが、今でも自分が葬儀に参列出来なかったことなんかもあって、また彼がひょっこり顔を出すような気がしてならない。

 

彼は音楽を愛していたし、彼の思いが今回こういう追悼ライブという形でよみがえった。

 

彼の冥福を祈りたい。

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

Hey !

posted on 2009/09/05

ごきげんよう。

 

サンフランシスコから友人のシェフ"waka"がプライベートイベント参加のため帰国した。

 

3年前のクリスマスにサンフランシスコの日本街にある彼がシェフをつとめる店"bushi-tei"で会って以来の再会。

 

彼も日本を離れて海外でキャリアを積んでいるうちのひとりで、もう20年以上アメリカに住んでいる。

 

今回は3年ぶりの帰国らしい。

 

とりあえず日本とアメリカとの生活のギャップを数日間楽しんでもらうつもりだ。

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

R&R

posted on 2009/09/03

ごきげんよう。

 

きのうは前の日と打って変わって大雨。。。

 

数日後に控えている完全プライベートイベントでR&Rを演奏することになったので、1時間ほどそのリハをやった。

 

演奏曲目はなんとあの矢沢永吉率いる伝説のバンドCAROLのナンバー。ファンキー・モンキー・ベイビーを含む5曲。

 

俺の担当はベースボーカル!

 

何年もそんなことやってないので大丈夫かと思ったけど、これが全然イケてるワケです。

 

キャロルは曲の完成度が高いので今でもやってておもしろい。

 

まあ個人的にはファンキー・モンキー・ベイビーを超える六軒ロールは日本から今後も出ないと思ってます。

 

ラップじゃ吉幾三の”オラ東京さ行くだ”がベストかなあ。

 

エーちゃんもロック色が非常に濃いアーティストだけど、ボサノヴァの曲もキャロル時代に書いてますね。

 

甘い日々と言う曲。

 

中学生の頃こういう曲もよく聴いてたなあ。

 

 

 

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

beach

posted on 2009/09/02

今日はぬけるような青空と真夏の気温が戻ってきたので、抜け駆けして1時間ほど海へ行ってきた。

 

泳ぐつもりはなかったのだけれど気が変わったらまずいので、スキューバーダイビングのツールは持って行った。

 

ビーチについたらそこは誰もいない別世界、ただ波の音とセミの合唱が聞こえてるだけだった。

 

紺碧の海に吸い込まれるように気づいたら身体は海の中にあった。

 

岬の途中まで200mほど泳いでいったら、透明度がすばらしく魚が群れているのがよく見れた。

 

もう少しだけこの天気が続いてほしい。

 

 

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ

英語の話し

posted on 2009/09/01

ごきげんよう。

 

今日でいよいよ8月も終わりだ。

 

ちょっとさみしい気もするな。

 

しかし今回の選挙で民主党が圧勝、これからの日本の未来に期待したい!

 

〜もうかれこれ半年近く日本に滞在しているので、ほとんど日本語漬けの毎日。(当たり前)

 

英会話もちょっとヤバくなってきそうだけれど、日常会話や簡単なメールなんかは全然まだ大丈夫だ。

 

よく英会話の勉強の仕方なんかを聞かれるけど、自分がペラペラ英語を話してる姿を思い浮かべながら勉強するといいよなんて答える。

 

ぜんぜんアドバイスになってないけど、イマジネーションってけっこう大切だ。

 

俺は中1の時に自分は英語使いになることがわかっていた。

 

外人とペラペラ英語で会話している自分が想像できたからだ。

 

というのも英語のヒヤリングがなんとなく出来たので、意味だけ覚えたらなんとかなるなと思ってた。(単純!)

 

あとはペラペラになるようにベクトルをそっちに向ければいいだけだ。

 

でもあまりかたく考えて英会話の勉強をやっても飽きてしまうし、あこがれだけじゃ白人コンプレックスになるだけだ。

 

あとは最初から完璧に英語を話そうと思わないことだ。

 

"Please sit down"が言えなければ、"Please"といって椅子を指せばOKだ。

 

文法が苦手なら最初から日本語を英語風にくずしておぼえたら楽だ。

 

何ですかあなたの名前?What is your name?

 

どの電車を私取ればいいですか、そこへ行くには? Which train should I take to get there?

 

takeの扱いがちょっとややこしい。行動を取るという意味で"取る"と考えれば楽かな。。。

 

あとは言葉を口に出して死ぬほど繰り返すだけだ。食事の時もトイレの時も。

 

少し話せるようになったらおぼえた言葉を外人にくどくどと何度も使う。

 

仕上げは海外旅行か海外長期滞在だ。

 

あまりアドバイスになってないかな?

 

とにかく英語は世界中の人々のコミニュケーションの周波数帯域だ。

 

覚えて損はないと思う。

 

Good luck !

 

category: diary
posted on: hiro

このページのトップへ