hiro takashiba official blog

Z800

posted on 2014/08/02

ツーリングバイクの品定め。

 

当初ZRX1200DAEGを仕込むつもりでいたのが、リサーチしていたら新型Z800のインプレがなかなかイイので、これを仕込んで行ってこようかと画策中。

 

このZ800ルックスも爬虫類系ストリートファイターでかなりアグレッシブな鋭い風貌。

 

 

このあいだ富士五湖まで行ったときに乗ったZ750のインプルーブドモデルで、少し前にカワサキ試乗会で乗ってイイ感触だった記憶があります。

 

エンジン出力もZRX1200DAEGよりも3ps多い113psでノーマルでも240km/hくらいは出るらしい。

 

巷ではこのZ800、Z2の正統後継車だと言う声もあるくらい。

 

Z1乗りのオレとしては、かなり興味をそそられる。

 

しかしこのZ800のエンジンのデザイン、未来型Z1 900エンジンとでも言っていいくらい洗練されたデザインだ。

 

 

目つきとフィンの部分は確実に先代Z1 900ゆずりで、すばらしい造形美。

 

 

もうアートの域まで達しているというか、惚れ惚れしてしまいます。。。

 

ツーリングのルートはこれも初めて行く軽井沢あたりをプランニング中。

 

ちょっと訪ねてみたい気になるところがあるので。

 

ザ・ビートルズ好きの方ならピンとくるはず!

 

おそらく日帰りツーリング。

 

しかし、遊んでばかりもいられないので、たぶんこの夏のメインバカンスになる予定です。

 

 

category: Motorcycle
posted on: hiro

このページのトップへ

ACE CAFE

posted on 2014/06/08

音楽の他に近年のマイブームがバイク。

おそらく子供の頃に見たヒーロー物の仮面ライダーとか、近所の兄ちゃんが買って来たホンダドリームなんかに衝撃を受けたりしてオレのバイク好きが始まったように思う。


そのバイク熱は中学生になりR&Rキャロルからクールスあたりのスタイリッシュなロックンロールライダーへの憧れに。

そのバイクとロックの歴史をもう少し掘り下げてみるとアメリカでは1953年の映画、マーロンブランド主演の『乱暴者』が引き金になり不良少年達のハートに火をつけレザージャケット&バイク&ロッカーのファッションムーブメントを作り上げたようだ。

 



当時ザ・ビートルズもこのムーブメントにインスパイアされロッカーズファッションに身を包みリーゼントヘアーでロックンロールをプレイしている。(このスタイルをモチーフにしたのが日本のキャロル)

 



イギリスでそのムーブメントをささえていたのが、ロンドンのACE CAFE

 



思い思いにカスタマイズされたバイクに股がりロンドン近郊からカフェに集まってくるロッカーズたち。

 



そもそもカフェレーサーというバイクのカスタムスタイルはこの店に由来している。

そんなカフェも時代の波には勝てずに1969年に閉店。

しかし2001年にマーク・ウィルスモアにより復活を遂げる。



最近ではヒストリックな名所としてカフェレーサーたちが集まって来る場所になっているらしい。

オレの最近の夢でもあるイギリスツーリングに行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみたい場所だ。

 

category: Motorcycle
posted on: hiro

このページのトップへ

ツーリング

posted on 2014/06/02

朝から吉祥寺でZ750Rを仕込み中央道を飛ばして河口湖から朝霧高原方面へツーリングに。

 

しばらくバイクに乗ってないストレス発散と都会の喧噪からの離脱。

 

Z750Rは、やっぱりオレの期待にこたえてくれました!

 

Z1にくらべるとかなり軽快に吹き上がる水冷直4エンジンと軽くコンパクトなボディ。

 

高速に乗ってからは、スピードを上げても空冷のような振動もなく乗ってて電気モーター車かと思うくらい。

 

1時間くらいで、あっさり富士山麓に到着!

 

それからは、富士五湖、朝霧高原周辺をウロウロ。

 

目の前にせまってくる富士山はやっぱり迫力あります!

 

牧場地帯はここはカナダかと勘違いしてしまうような光景が広がってました。

 

途中、バイクで峠も攻めてみましたが、ペタペタ寝る車体と良く効くブレーキで快調な走りでした。

 

朝霧高原で軽く食事を済ませて、帰路へ。

 

帰りもアクセル開け気味で走ってきましたが、Z750Rは快調な走りで、あっさりと東京に到着。

 

このマシンの走りはちょっとクセになりそうですが、やっぱりオレは自分のZ1 900の鉄馬らしい空冷直4の走りの方が合うような気が。

 

次回また機会があればZRX1200を仕込んで、どこかへ走りに行きたいと思います!

 

That's R&R Experience!

 

Keep on Rocking!!

 

 

category: Motorcycle
posted on: hiro

このページのトップへ

K's MEET 2014

posted on 2014/05/19

昨日は朝から調布にある味の素スタジアムで開催されていたカワサキバイク試乗会K's MEET 2014へ。

 

春のキツい日差しが照りつける中、かなりの数のバイクファン達が集結してました。

 

オレのお目当てはZ800&ZRX1200DAEGの試乗。

 

かなり混んではいたものの、なんとか2台とも試乗でき、カワサキ最新鋭マシンのテイストをバッチリ味わうことができました。

 

Z800はコンパクトで自分のZ1 900とくらべると400ccにでも乗っている感じ。ZRX1200DAEGはリッターオーバーだけあってトルキーで安定感がありロングツーリングもへっちゃらな感じ。

 

ハイウェイや峠を実際にせめてみないとバイクの本当のポテンシャルはわからないと思いますが、とりあえず久しぶりにバイクのスロットルを開けて風を感じれて大満でした。

 

下は展示してあったZ2 750。オレのZ1 900とエンブレムとブラックエンジンを除いてほぼ同じスタイル。

 

しかし、その日の夜、楽しみにしていたポール・マッカートニーのコンサートが一昨日に引き続き中止になったのはちょっと残念でした。。。

 

category: Motorcycle
posted on: hiro

このページのトップへ

Z's stage

posted on 2014/05/03

本屋で偶然見つけたカワサキZ系の本。

 

Z's stage

 

思わずゲットしました。

 

本のカバー写真のZ1(右)がオレのタイプと同じです!

 

本の内容はZオーナー達の熱い思いと、彼ら自慢のマシーン達がちりばめられてます。

 

 

読みながら、『オーッ、わかる、わかる!』みたいに変に共感できたりして。

 

やはり人生何かに熱中して、それにこだわり続けて生きてゆくのが一番幸せかと。

 

 

category: Motorcycle
posted on: hiro

このページのトップへ

Z1日本国籍

posted on 2014/03/13

相棒のZ1 900”ロンリーボーイ”も、ようやく日本国籍を取得!

 

去年までオレとアメリカ大陸を駆け回っていた、やんちゃバイクとポカポカ陽気の昨日、紀州、熊野那智大社までツーリングへ。

 

明石生まれ、カナダ育ちの本人も生きて日本の聖地に足を踏み入れられるとは思ってなかったんじゃないか。

 

それにしてもシアトル・ジミヘン神社から紀州、熊野那智大社とはすごいギャップ。

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

音楽的にはロックから雅楽って感じだ。

 

とにかくこれから無事故で、日本での生活楽しんでもらいたいと思います!

 

category: Motorcycle
posted on: hiro

このページのトップへ

prev 1,2,3,4 Page 4 of 4